二重整形の申し込み【総合的な判断の元どの様な施術】

施術の選び方

目元に触れる人

二重にする施術方法とは

綺麗な二重を手に入れたいけれども美容整形には抵抗がある、という方も中にはいらっしゃることでしょう。まずはどのような施術方法があるのかを知っておくべきです。二重整形には主に埋没法と切開法の二つのパターンに分かれます。埋没法はまぶたに糸を留めて二重のラインを作る方法です。切開せずに施術が行え、施術費用に関しては安価に設定されている美容外科が多いので手軽な二重整形方法として人気です。切開法はその名の通り、まぶたを切開してラインを作る方法です。まぶたが厚い場合は切開して脂肪を除去する方法も有効です。どちらにしても、二重整形を行う時にはまずカウンセリングを受けて医師の診断によって自分にとってどちらの施術が向いているのかを判断してもらいましょう。二重整形を受ける前に知っておきたいことがいくつかあります。施術内容によっては術後に腫れが生じることがあります。特に切開法を行った場合は皮膚を実際にメスで割いていますので、怪我をしている状態と同じと考えてください。数日間は腫れて赤みが出ますので、それを踏まえた上で施術のスケジュールを組んだ方が良いでしょう。仕事をしている人はできれば数日間の休みを設けて行ったほうが安心かもしれません。基本的に二重整形は日帰り手術になります。術後の経過も計算した上で手術を受ける日程をきめてください。自分がなりたい二重のラインが必ずしも自分の顔に合うとは限りません。ラインの幅が広すぎると不自然になる可能性があるのでカウンセリングの段階で見極めが大切です。目を大きく見せる施術はひとつではありません。二重のラインを形成するにしてもいくつかの方法に分類されます。手軽に二重にしたいと考えている方に向いているのが埋没法と呼ばれる二重整形法です。極細の専用の糸を使用して施術を行います。まぶたを数か所糸を利用して留めることでラインを形成させることができるのです。埋没法は低価格で行えるクリニックが多いのも特徴の一つです。キャンペーンなどを利用すればかなり安価で施術が行えるでしょう。クリニック選びのポイントとしては保証内容です。埋没法の場合、時間が経つと糸が切れて元の状態に戻るというケースもあるのです。ですから、糸が切れた時の保証が充実しているクリニックを選ぶと安心です。値段だけではなく保証やアフターサービスの内容によってクリニックを選んでください。半永久に二重を作ることができる方法が切開法です。切開法の中にも二つに分類されます。まぶたが薄いタイプであれば部分切開法が用いられます。1センチ程度まぶたを切開することによって二重のラインを作ります。まぶたが厚く、脂肪を除去しなければならない場合は全切開法が良いでしょう。まぶたが厚いタイプの方でも全切開法を行うことによって綺麗な二重が手に入ります。切開する幅が狭い部分切開法の方が術後の腫れが少なく、回復も早い傾向があります。二重にもタイプがあり、平行型、末広型、奥二重などがあります。自分のなりたいタイプの二重を選ぶことができますので、二重整形によって理想の目元を手に入れることができるでしょう。